「 Europe(ヨーロッパ) 」一覧

バイカル湖アイスマラソン Baikal Ice Marathon

Sponsored Link

2017年のバイカル湖アイスマラソンに参加してきましたのでレポートします。

DSC_347620170731

まずはバイカル湖について

バイカル湖はロシアのイルクーツクとブリヤート共和国のウランウデの間にある三日月型の湖で世界一の透明度を誇り、シベリアの真珠と言われています。水面の標高は455mで、大きさは琵琶湖の約46倍もあります。
冬の寒さは厳しく最低気温はマイナス19°C、湖面は完全に凍結して氷の厚さは115cmにもなり、自動車も走行するため凍った湖の上に交通標識が立ちます。
lakebaikal

バイカル湖アイスマラソン

バイカル湖アイスマラソンは冬季に凍ったバイカル湖の上を横断する国際大会であり、フルマラソンとハーフマラソン含めて世界中からたったの200名しか参加できません。

参加条件
1.フルマラソンを4時間半以内で走ったことがあり、その大会の記録証を提出できること。
2.医師の診断書を提出すること。
3.参加者は、大会主催者の主催する宿泊プログラムに参加すること。

私は運よく条件をクリアできていたので、現地での3泊4日のプログラムに参加しました。3泊4日のプログラムで810ユーロくらいでした。

集合場所はロシアのイルクーツク空港だったので、北京経由でS7航空に乗り換えイルクーツクに到着しました。滑走路も凍りついています。。
DSC_329420170801
イルクーツク空港で入国を済ませるとバイカル湖アイスマラソンの参加者を出迎えてくれました。
DSC_329720170801
到着した日は、イルクーツクの市内観光をしてマリオットホテルに宿泊しました。

2日目は、マラソン参加者が集まってバイカル湖の対岸のバイカリスクという村まで約5時間かけてバスで移動しました。
DSC_335920170801
みんな世界中の変なマラソンや過酷なマラソンに出ているクレイジーな連中の集まりでした。。笑

バイカリスクのホテルに到着してジョギングしながらバイカル湖に行ってみました。
興奮して服を脱ぎだす人も。笑
DSC_342320170801
この日の夜、明日のマラソン大会についての説明がありました。

3日目、この日はいよいよバイカルアイスマラソンです。
バイカリスクから更にバスで約1時間半、ブリヤート共和国のタンホイという村まで移動しました。
位置関係をまとめてみました。
baikalicemarathon2017
スタートの時を待ちます。
DSC_345520170801
いよいよスタートです!
DSC_347320170801
絶景の中を走れて幸せです。
DSC_347920170801
途中、給水所もあります。
DSC_349020170801
無事に完走できました!
DSC_350620170801
凍結した湖面は滑りやすくて走りづらかったですが、とても楽しい大会でした。
完走メダルももらいました。


トロードス地方の壁画聖堂群 全12ヶ所の正確な場所 Painted Churches in the Troodos Region

レンタカーでキプロス一周ドライブした際にトロードス地方の壁画聖堂群の全12ヶ所に行ってきましたので正確な場所を記しておきます。

世界遺産のトロードス地方の壁画聖堂群とは

キプロスのトロードス山脈にあるギリシャ正教の聖堂と修道院にビザンティン様式の美しいフレスコ画が残っていて、9つの聖堂と1つの修道院が世界文化遺産に登録されています。
(2つの聖堂は暫定リスト)
DSC_149120170513

トロードス地方の壁画聖堂・修道院の外観と場所

カーナビのGarmin nuviを持っている人は、座標を入力すれば迷うことなく辿りつけるかと思います。

屋根の聖ニコラオス聖堂(Church of Ayios Nikolaos tis Steyis)

DSC_149220170513
Google Mapで場所を確認

蝋燭の聖イオアン修道院(Ayios Ionannis Lambadhistis Monastery)
カロパナヨティス村(Kalopanayiotis)

DSC_149320170513
Google Mapで場所を確認

アシィヌの生神女聖堂(Church of Panayia Phorviotissa)
ニキタリ村(Nikitart)

DSC_148320170513
Google Mapで場所を確認

豆の生神女聖堂(Church of Panayia tou Arakou)
ラグデラ村(Lagoudhera)

DSC_147320170513
Google Mapで場所を確認

ムトゥラの生神女聖堂(Church of Panayia)
ムトゥラス村(Moutoullas)

DSC_149420170513
Google Mapで場所を確認

大天使ミハイル聖堂(Church of Archangelos Michael)
プラタニスタサ村(Platanistasa)

DSC_148920170513
Google Mapで場所を確認

聖十字架聖堂(Church of Timios Stavros)
ペレンドリ村(Pelendria)

DSC_148220170513
Google Mapで場所を確認

足の生神女聖堂(Church of Panayia Podhithou)
ガラタ村(Galata)

DSC_148120170513
Google Mapで場所を確認

聖水の十字架聖堂(Church of Stavros Ayiasmati)
プラタニスタサ村(Platanistasa)

DSC_147520170513
Google Mapで場所を確認

救世主顕栄聖堂(Church of Ayia Sotira tou Soteros)
パライチョリ村(Palaichori)

DSC_147720170513
Google Mapで場所を確認

聖ソゾメノス聖堂(Church of Agios Sozomenos) *暫定リスト
ガラタ村(Galata)

DSC_147820170513
Google Mapで場所を確認

聖ママス聖堂(Church of Agios Mamas) *暫定リスト
ロウバラス村(Louvaras)

DSC_148230170513
Google Mapで場所を確認

キプロス島全体の観光地についてはこちら


フェリーでフォルメンテーラ島へ レンタルバイクで観光地を巡る!

イビサ島から南へ約20kmのところにフォルメンテーラ島という島があります。
イビサ島に来たついでにフォルメンテーラ島に行ってみました。

formentera20170301

フォルメンテーラ島へは、イビサ島の港からフェリーで行くことができます。
フェリーを運行している会社は下記の3つです。

Balearia
https://www.balearia.com/
Trasmapi
http://www.trasmapi.com/
Medpitiusa
http://www.medpitiusa.net/

チケット売り場が港のすぐ近くにありますが、チケットは船内でも買うことができます。
私はBaleariaのフェリーに乗り、船内で往復チケットを購入しました。
formentera20170302

約1時間でフォルメンテーラ島のサビナ港に到着です。
formentera20170303

フォルメンテーラ島に着いたら、レンタルバイク(スクーター)を借りました。
1日25ユーロでした。
formentera20170304

まずは、フォルメンテーラ島の北側にあってサビナ港から一番近いビーチ、Playa de Illetes(プラヤ・デ・イリェーテス)に行きました。人は少ししかいませんでしたが海はきれいでした。
formentera20170305

次に向かったのは、島の東端にあるモーラ灯台(Faro de la Mola)
観光客がたくさんいました。
formentera20170306

島の西端にあるバルバリア灯台(Faro de Barbaria)にも行きました。
formentera20170307

最後にもう1つのビーチ、Playa de Cala Saona(プラヤ・デ・カラ・サオナ)に行きました。このビーチがフォルメンテーラ島のビーチで一番きれいでした。
formentera20170308
小さな島なので、バイクで見て回るだけなら半日で十分ですね。私はイビサ島から日帰りで行きましたが十分でした。


ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院 世界遺産

ポルト歴史地区

首都リスボンから北へ約300km、ドウロ川の北の丘陵地にあるポルトガル発祥の地、ポルト。
ポルトの市庁舎からドウロ川にかけての歴史地区(旧市街)は、世界遺産に登録されている。
Porto

クレリゴス教会 lg. dos Clerigos

クレリゴス教会は、18世紀に建てられたバロック様式の教会で76mのクレリゴスの塔には階段で上ることができる。
塔の上からは市庁舎はカテドラル、ドウロ川や対岸まで見渡すことができる。


カテドラル Se

もともと要塞として建てられたカテドラルは街を見下ろす丘の上にあり、内部の銀細工の祭壇、アズレージョは必見。


ボルサ宮 Palacio da Bolsa

『ボルサ』はポルトガル語で証券取引所のことで、ボルサ宮は証券取引所として使われていた。
2階にはかつて裁判が行われていた『法廷の間』や豪華絢爛な『黄金の間』もある。


ドン・ルイス1世橋 Ponte de Dom Luis Ⅰ

ドン・ルイス1世橋は、ドウロ川にかかる橋で幅8mの2階建て構造になっている。
現在上層は歩行者とメトロ用に、下層は自動車と歩行者用になっている。


セラ・ド・ピラール修道院 Mosteiro da N. Sra. do Pilar

セラ・ド・ピラール修道院は、ポルト歴史地区の対岸、ドン・ルイス1世橋を渡った所にあり、丘の上に建っています。
セラ・ド・ピラール修道院からはポルト歴史地区、ドン・ルイス1世橋を見渡すことができます。絶景です。


絶景の橋!ジャック・シャバン・デルマ橋 Pont Jacques-Chaban-Delmas 上下する日時

ジャック・シャバン・デルマ橋
Pont Jacques-Chaban-Delmas

フランスのボルドーにあるガロンヌ川にかかる橋『ジャック・シャバン・デルマ橋(Pont Jacques-Chaban-Delmas)』は、2013年に完成しました。
ガロンヌ川を大型船が通過する際に橋が上下して絶景を見ることができます。

通常時のPont Jacques-Chaban-Delmas

Pont Jacques-Chaban-Delmas20170201
橋には車道と歩道があって、車や徒歩で通行することができます。

ガロンヌ川を大型船が通過する時のPont Jacques-Chaban-Delmas

Pont Jacques-Chaban-Delmas2017

Movie 橋が上下する時の動画



Time Table 橋が上下する日時

橋が上下する日時は下記のサイトで確認することができます。
http://sedeplacer.bordeaux-metropole.fr/Toutes-les-infos-circulation/Pont-Chaban-Delmas-Fermetures

Map Pont Jacques-Chaban-Delmasの場所

Google Mapで場所を確認してみましょう ⇒ Google Map
一度、橋が上下するところを見てみたいですね