キプロス共和国&北キプロストルコ共和国の基本情報(地図、国旗、首都、時差、面積、通貨、治安、空港、パスポート、ビザ)

Sponsored Link

キプロス島の地図

キプロス島は、地中海に浮かぶリゾート島です。
キプロスの場所を地図上で確認してみましょう。
cyprus20161118
キプロス島の地図を見てみると、東西に貫くグリーンのラインがあります。
これは1974年に起きたキプロス紛争の結果設けられた南北を分断するグリーンラインで国連平和維持軍により監視されています。このグリーンラインの南側はキプロス共和国、北側は北キプロストルコ共和国となります。
南北の行き来の出来るクロスポイントは、徒歩の場合はニコシアのみ、レンタカーの場合はニコシア、ラルナカ、ファマグスタの3ヶ所でできます。
cyprus_map_basic

国旗

キプロス共和国の国旗

cyflag20161118

北キプロストルコ共和国の国旗

northern_cyprus_flag

首都、日本との時差

キプロス共和国、北キプロストルコ共和国のどちらも首都はニコシア
日本との時差は7時間です(サマータイム時は6時間)

面積

キプロス島の総面積は:9,250 km2(鹿児島県とほぼ同じ大きさ)
内訳を見てみましょう。
キプロス共和国:5,296km²(愛知県とほぼ同じ大きさ)
北キプロストルコ共和国:3,355km²(鳥取県とほぼ同じ大きさ)
イギリス主権基地領域アクロティリおよびデケリア:254km2
グリーンライン:346km2

通貨

キプロス共和国の通貨は、ユーロ
北キプロストルコ共和国の通貨は、トルコリラだがユーロも使える。

治安

キプロスの治安は比較的いいが、気をつけるに越したことはない。
空港、港湾、軍事施設などの写真撮影は禁止されている。
また北キプロスは国家として承認されていないため、北キプロスでトラブルに巻き込まれると救出が困難となるので十分に注意すること。

空港

日本からキプロスへの直行便はないので乗り継ぎになるが、下記のどちらかの空港となる。
ラルナカ国際空港 Larnaka International Airport(LCA )
パフォス国際空港 Pafos International Airport(PFO)

パスポート、入国スタンプ、ビザ

パスポートは入国時に滞在日数に加えて90日以上の残存有効期間が必要。
入出国カードの記入は不要。

入国スタンプ
2016111801
ビザについては、90日以内の滞在は不要。
それ以上の滞在については、キプロス共和国名誉総領事館でビザの申請が必要。

Share Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailFacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です