座標(緯度と経度)があればもう住所はいらない!?MAPS.MEやGoogleMapで活用しよう!

Sponsored Link

座標とはある任意の場所を、縦軸と横軸の数値で表すもの。

この座標を使って、地球上のすべての位置を表すことができます。
地球の座標は、縦軸を緯度、横軸を経度で表していています。

縦軸の緯度の基準は、赤道です。赤道を0度と定めています。
赤道から北なら北緯何度(+(プラス)何度)、南なら南緯何度(-(マイナス)何度)と表現します。

横軸の経度の基準は、イギリスのグリニッジ天文台(グリニッジ子午線)を0度と定めています。
グリニッジ天文台(グリニッジ子午線)から東なら東経何度(+(プラス)何度)、西なら西経何度(-(マイナス)と表現します。

この緯度と経度を組み合わせれば、地球上のすべての場所を座標で表すことができるのです。

この座標は簡単に調べることができて、利用することができます。
それでは、試しに東京タワーの座標を調べてみましょう。

スマホからなら、スマホの神アプリ、MAPS.MEという地図アプリで調べることができます。
まずは、MAPS.MEを起動します。
Screenshot_2015-11-03-15-21-42
検索したいので、虫眼鏡のアイコンをクリックします。
Screenshot_2015-11-03-17-40-21
検索窓に、『東京タワー』と入力して検索すると、ヒットしました。
東京タワーをクリックします。
Screenshot_2015-11-03-17-46-07
東京タワーが地図に表示されました。
画面下側の東京タワーと書かれている白いスペースをクリックすると座標が表示されます。
Screenshot_2015-11-03-17-46-23
赤い枠内の数字が座標です。
35.657047,139.746485(北緯35度657047,東経139度.746485)
これは度という単位で表示されています。

この座標の数字をクリックすると、座標が度分秒という単位で表示されます。
Screenshot_2015-11-03-17-56-24
表示する単位が違うだけですが、同じ東京タワーの位置を表しています。

数字だけの度という単位が使いやすいので、度の座標を使っていきましょう。

次に、GoogleMAPでパリにあるエッフェル塔の座標を調べてみましょう。
GoogleMAPを開いて、検索窓に『エッフェル塔』と入力して、検索すると、エッフェル塔の場所が表示されます。
エッフェルの場所の上で右クリックすると、メニューが出てきて『この場所について』を選択すると、

エッフェル塔
フランス 〒75007 Paris, Avenue Anatole France
48.858243, 2.294664(北緯48度858243,東経2度.294664)
と表示されます。これがエッフェル塔の座標です。

MAPS.MEでもGoogleMapでも座標を調べることができました。

この座標を調べるだけで利用しなければ何の役にも立たないので、この座標を利用しましょう。
パリのエッフェル塔に行くとしましょう。笑
Screenshot_2015-11-03-15-21-42
MAPS.MEにパリのエッフェル塔の座標を入力して検索してみましょう。
Screenshot_2015-11-03-18-20-37
見事にエッフェル塔がMAPS.MEの地図上に表示されました。
エッフェル塔に行くのでピンを立てて、お気に入り登録しておきましょう。
Screenshot_2015-11-03-18-20-59
これで迷わずエッフェル塔に辿り着くことができます。

こうやって地球上のすべての場所は、座標で表示できるので、座標がわかれば正確に辿り着くことができるわけです。
旅行のガイドブックには住所よりも座標を記入すべきだと思います。
そして、MAPS.MEがあれば完璧です!



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です